ハードシェルって何?

ハードシェルとは一般的に冬用のアウタージャケット・アウターパンツのことをいいます。

ハードシェルの特徴

ヘルメットの上からでもフードを被れる大きめのフードのものが多い
表生地の糸が太いものが多い40デニール以上のものが多い
顔の前のジッパーがより深く高いところまでくることによって顔を凍傷から守る働きを持った形状のものが多い
写真のハードシェルも鼻先付近まで覆われる
手袋をしたままでも扱いやすいようなパーツを使用することが多い
脇やウェアの前面などにベンチレーションを付けているモデルが多い(雪を想定しているので、防水性よりも温度調整に重きを置いている)※防水性がないわけではない(ほとんどのモデルでしっかりとした防水性がある)
スノースカートがついているモデルがある
ザックのウエストベルトをしなくても、冷気や雪が裾から侵入しづらい
スノースカートなどと呼ぶこのような生地が、腰回りについているものも多い
このようにスノースカートがジッパーで外れるモデルもある
ハードシェルのズボンには、雪除けのためにこのようなインナーゲイターを付けているモデルも多い
アイゼンをハードシェルに引っ掛けた時にハードシェルを破かないように裾の内側に太い糸(高デニール)を使用した生地を使っていることも多い

ハードシェルには以上のような特徴を持つものが多い

しかし、冬に出されたモデルにも上記のような特徴をあまり持たないものも少数ながら存在している。そのようなモデルに関してはレインウェアとの差は小さい可能性がある。

逆にレインウェアならではの特徴としては、なるべく軽量でコンパクトに作ろうとしている商品が多くなってきている気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。