植物の花粉伝達戦略

テンナンショウ属の場合

切り株から生えている珍しいパターン

花は見事受粉して実がついています。

しかし、このテンナンショウ属は受粉の仕方が凄いというか恐ろしいというか

テンナンショウ属はムサシアブミなどの一部を除き雌雄異株で

テンナンショウ属の植物は栄養状態によってオスになったりメスになったりする。

つまり、栄養状態が十分でないうちはオスとして雄花をつける。

しかし、地下の肥大した茎に十分栄養を貯めこむとオスからメスに性転換する。

つまり、花は雌花を付けるようになる。

そして、その受粉の仕方が恐ろしいのですが、

ラッパ型の雄花は香りを出して虫を誘い、ラッパ型の花の中に入った虫は滑りやすい内壁を登ることができずに落ちて花の下部の花粉が沢山たまっているところに入ります。

そこで、花粉まみれになるのですが雄花では下部に脱出口が作ってあり花粉まみれになった虫はその脱出口から花粉を大量につけて脱出する。

その後、運悪く同じテンナンショウ属の雌花のラッパ型の花に入ってしまうと、今度は脱出口が作っておらず、死ぬまで花の中を動き回り、たっぷり雌花に花粉を受粉するという仕組みになっているそうだ。

雄花には脱出口があり雌花には脱出口がないという精巧な作りには驚きしかない。

しかし、情け容赦ない生存戦略です。

このテンナンショウ属の植物は、中国では「天南星」として漢方薬として使用することがあるそうですが、全草にシュウ酸カルシウムという毒が含まれているので安易な利用はできない植物だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。